サイト情報の検索方法

最近覚えたサイト情報の検索方法について記載しておきます。
ウェブサイト作成の際、何かと使うケースが多いと思いますが、知らなかったら知らなかったでかなりの損をするケースものちのち出てくるかと思います。

まず、基本中の基本となるウェブサイト情報の検索方法をご紹介します。
グーグルでこんな感じで検索してみてください。

site:ドメイン(wwwあり・なし)

これは基本中の基本となるウェブサイト情報の調べ方になりますが、主に、そのドメインがリダイレクト設定されているかどうかを調べたりします。
ページランクが高いからといって、ついオールドドメインなんかに手を出してしまうこともあるかと思いますが、このサイト情報を検索した際に、違うドメイン名が表示されていたら、そのページランクは偽者ということになります。
リダイレクト設定されているかどうかを調べる際に使われることが多いです。

次に、どのくらいのページが検索エンジンでインデックスされているのかを調べてみましょう。
インデックス情報を調べる際にはこんな感じで検索します。

site:ドメイン

ずらっと出てきているスニペッドに、キャッシュの欄があればインデックスされているということになりますが、キャッシュが表示されていても、実際に確認してみると空白でキャッシュされていないケースもあります。
必ず、自分の目で確認してみることにしましょう。

次は被リンク関連でしょうか。
どのようなサイトからリンクされているのかを確認することができますが、同じIPアドレスやドメインからの被リンクは重複する分になるので、割愛されているケースが多いです。
一般的には、上位に表示されているものほど、被リンク元の重要度が高いとされています。
こんな感じで調べることができます。

link:ドメイン

ただ、この場合だと、トップページぐらいしかわからないので、個別ページなど、すべての被リンクを把握するにはこんなので調べてみるといいです。
そのドメインにリンクしているすべてのページを調べることができます。

linkdomain:ドメイン

おおざっぱにいって、ここまではウェブサイトを調べる上での基本中の基本事項になります。


さらに覚えておくと詳細なSEO対策が可能になるのは、このような調査方法です。

allinurl:url

これは、URLにそのURLが含まれているページすべてを検索するときに使います。
サブドメインやサブディレクトリなど、より詳細な範囲を検索したい場合に便利です。

また、以上とあわせて、そのサイト内で特定のキーワードがアンカーテキストになっているページを調べるのにはこれを使います。

inanchor:キーワード

けっこうSEO対策をする上では重要な要素になりますが、被リンクのアンカーテキストと同様、発リンクのアンカーテキストも何気に重要なものです。
できるだけ、使いこなせるようにするとウェブサイト作成の幅が広がります。