サイトの階層によるSEO効果の違い

ウェブサイトの階層によってどのくらいのSEO効果があるのかについてはさまざまな意見がありますが、一般的には深い階層よりも、浅い階層にあるページの方が効果的である傾向が存在します。

これは普通に考えてみると、浅い階層の方がトップページに近いわけですので、重要なトップに近い浅い階層の方がより重要とみなされ、その重要なページにおけるSEO効果は深いものよりも高い傾向があるといえるわけです。

けれども、実際に詳細は情報が掲載されているのは個別ページです。
一般的には「パーマリンク」(Permalink)と呼ばれているものになるわけですが、内容的な面からいうと、こちらの方がより重要性が高いものとなるわけです。

検索エンジンで最終的にヒットするのも、この個別ページということになるわけですが、このpermalinkのコンテンツ内というのは、ウェブサイト内においても重要度の高いリンクとなるわけなのです。
ですので、階層が浅い・深いということばかりに目を向けるのではなく、訪問者目線で、よりユーザビリティーの高いリンク構築をされることをおすすめします。

迷った際には、両方からリンクをもらうのが一番いいのかもしれませんね。