無駄なページは作らないようにしよう

ウェブサイトを作成する際、しばらく更新していないと無理にでもページを増やそうとしてしまうものですが、できる限り、無駄なページは作成しないようにすることをおすすめいたします。
内容のないページを100ページ作るよりも、内容の充実したページを10ページを作る方が検索エンジン対策としては有効なのです。
ゼロをいくら積み重ねてもゼロのままであるという点に気をつけましょう。

また、同じようなページの作成も極力避けるべきです。
といいますのも、同じキーワードで最適化されているページの場合、検索エンジン側ではどちらのページを上位に表示させるべきかの迷いが出てきてしまうからです。
できるだけ検索エンジンフレンドリーなブログの作り方をすることをおすすめします。

加えて、オリジナルコンテンツという点にも目を向けるとよいでしょう。
作成するページのタイトルで検索してみて、似たようなページは多数ヒットしませんか?
もしたくさんのページがヒットするようでしたら、視点をかえ、オリジナリティーを加えてブログを作成するべきです。
検索エンジンはユニークであるページを好む傾向があります。

そして最後になりますが、一番重要なポイントは読みやすい文章であるという点に注意しましょう。
訪問者は何の情報を求めてそのページにアクセスしてくるのかをよく考えて、できるだけ短い文章でその答えを提供するようにこころがけましょう。
長時間探した末に求めていた情報が見つかるよりも、アクセスして2?3行で問題が解決してすぐに出て行ってくれた方が訪問者の利便性という点からみると上なのです。
滞在時間が長いからといって有用なコンテンツであるとは限らず、むしろすぐに離脱してくれるというページの方が訪問者の利便性という点では有効になります。

無駄に長いページはできるだけ作らないようにし、要点をまとめてわかりやすい文章にするのがよいでしょう。