アクセスログ保存によるアクセス解析の仕方

レンタルサーバーでは「アクセスログ」を保存できるケースが多いです。ただ、ログファイルで容量をある程度は食いますので、自動で保存してくれるケースはあまりなく、自分で「保存する」に設定しないと利用できないことが多いです。

この「保存する」に設定すると、毎日、アクセスログを保存してくれますが、ログ自体は単なるテキストファイルですので、メモ帳などでも閲覧することはできます。けれども、膨大な行数があるため、意味のあるデータとして閲覧するには何等かのツールが必要になります。

このツールにもいろいろあり、パソコン内で使用するソフトやサーバーにインストールしてウェブ上で閲覧するタイプなどがあります。

パソコン上で使用する際には、アパッチログビューアーなどのソフトが有名です。このソフトを使用する場合、アクセスログについてもサーバーからパソコン上にダウンロードして利用します。

一方、レンタルサーバーにインストールして利用するタイプには、awstatsやwebalizerなどが有名です。どちらも自分でサーバーに設置するには知識が必要になり、初心者には困難ですが、サーバー会社によってはアクセス解析用の付属ツールとしてあらかじめ設置されているケースも多いです。

いずれにしましても、Google AnalyticsなどのJavaSciptタイプのアクセス解析とアクセスログでは、利用する際の使途が少し異なります。

JavaSciptタイプ

ブラウザによる訪問者の解析がメイン

サーバーのアクセスログ解析

ロボットなどのクローラーも含まれる。

当サイト運営者の場合、アクセス数が少ない状況ではサーバーにawstatsをインストールして解析を行い、次第にアクセス数が増えてきた段階でGoogle AnalyticsなどのJavaSciptタイプのアクセス解析を使用するようにしています。

アクセスログについては不審なロボットのアクセスやエラーログなども把握できるため、一応は保存しておくようにしましょう。