ウェブサイト外注化についての是非

アフィリエイトサイトを構築している場合、記事の外注化ということが必須の要素になってきております。いわゆるライター記事ということになりますが、たいていの場合、メインサイトで収益を上げるような品質にはなりません。なぜなら、その道の素人が書いた記事なので内容が薄く、1行読んだだけでおかしな点に気が付いてしまうからです。

一方で、ライティング力はないものの、その道のプロが書いている文章というのは内容が伴い、メインの収益サイトとしても成り立つ可能性が高いです。たとえ、句読点の打ち方や文法、あるいは文調がおかしかったとしても、濃い内容のコンテンツでさえあれば、訪問者はその文章を読むものです。

私の視点では、内容は濃いものの、読みにくい専門家の文章を成形するために必要とされるのがライターの仕事であると考えております。

けれども、濃いコンテンツは何もオフラインにばかりあるのではなく、ネット上にもころがっていますし、図書館にいけば、大量のコンテンツが無料で入手することができます。それらのコンテンツをまとめ上げて成形することで、それなりのサイトが出来あがってしまうのが現実なのかもしれません。

こうしてみますと、オリジナルコンテンツを生み出す人は損をしているように感じてしまうわけですが、現在のところ、これがネット上の現状といえます。結局のところ、その情報がオリジナルであろうとなかろうと、訪問者が読みやすく、信頼性に足り、理解しやすいコンテンツを作り上げたもの勝ちということになるのかもしれません。

けれども、オリジナルコンテンツの保有者にしか分かりえない、情報の質の違いというのがあります。間違った形でリライトされた文章というのは、訪問者に誤解を生むばかりでなく、誤った情報を元に適切な判断が下せなくなってしまう弊害も含んでいるわけです。

このライター記事については、検索エンジンのアルゴリズムの改善の余地があるものと思われます。