2010年5月アーカイブ

ウェブサイト作成の相場

自分のウェブサイトが欲しい、そう思ったとき、ホームページ作成業者に依頼する人も多いかと思います。
けれども、業者に依頼する場合は、たいてい数十万円程度の料金がかかってしまうものなので、できるだけ、自分で作った方がいいものと思います。

ホームページ作成に数十万円程度の料金がかかるとしても、実際の原価はほんの数千円程度ということも多いものです。
たいていは業者の手間賃に消えてしまうことになるわけですので、私としてはとてももったいないような気もしています。

ドメインの取得費用だけを考えてみても、たとえjpドメインを取得したとしても3500円程度ですし、comやnetなどの場合は1000円以内で取得することが可能です。
また、レンタルサーバー費用の場合でいっても、ほぼ、年額5000円以内で借りることができるわけです。
テンプレートやウェブ素材などを購入したとしても、3000円程度で済むわけですので、だいたい1万円も費用をかければ、1年間ぐらいはウェブサイトを運営することが可能になります。

そのようなことを考えると、ホームページ制作業者に依頼するというのはかなり分が悪いというか、割りに合わないことと考えるべきではないでしょうか。

また、実際に業者から納品されたホームページで運営するとしても、SEO対策は別になるわけですので、アクセス数がほとんどないというケースもありうるわけです。SEOやSEMなどまで考えると、50万円程度の費用がかかってしまうこともあるかもしれません。

かといって、無料ブログなどでお手軽にすませるのはいただけません。
ウェブサイト作成の効率を考えるなら、最低限、独自ドメインとレンタルサーバーの確保だけはしておいて、あとは自分で構築していくというスタンスが一番やりやすいものかと思います。

SEOな僕、SEOじゃないあなた。

「君はSEOなのかい?」
そう聞かれれば、僕はわりかしSEOな方なんじゃないかなとは思います。

けれども、そもそもSEO対策とは何かといえば、それは妄想の産物にすぎません。もともと正解などありもしないものなのに、「それは違う、俺の方がSEOだ。」などと各人、延々と繰り返しているわけですから、はたから見れば滑稽きわまりない所業です。

我の強い人ほどそういう傾向があるわけですが、そのような人に限って、2ページ目とか3ページ目とかだったりもするわけです。逆に、ビックキーワードで1位に上位表示されている方は、そのような我をはることは一切ありません。

「なぁに、たまたまだよ。俺はついていただけさ。そういうことだ。」
そういって、ノウハウの部分についてはひた隠しにし、表には出さず、独り占めしてしまうわけです。

なので、上位表示をしたいのならば、上位表示しているサイトをチェックする能力、どういった理由でサイトが上位に表示されているのかを調べる能力が必要になってくるわけです。

ページボリュームはどうか、被リンク数はどうか、質はどうか、ドメイン年齢はどうかとひとつひとつチェックしていき、ほかのサイトとの違いを比較・検討し、「なるほど。これは確かにSEOだ。」と判断できるようでないとだめなのです。

「あっちではこう言ってるし、こっちではこう書いてるし...。」などと人の意見に惑わされてはいけません。

SEOかどうか、それを決めるのはあなた自身なのです。

老舗ホームページスペースのニフティが2016年9月を持って運営を終了することになりました。

TwitterやFacebookなどSNSの台頭により、アクティブユーザー数が減少傾向にあったものと思われますが、大手無料サービスが運営を終了することにより、膨大な数のサイト上から消失することになります。

なかには貴重な情報源もあったはずなので、そのような知的財産がこの世から永遠に消失することは惜しい気もしますが、サイトの寿命は長くても20年程度というのが実際のところなのかもしれません。

よく誤解されている点として、新しい無料サービスへサイトの移転したとしても、アクセス数や検索順位などは下落してしまう傾向があるという点です。サイトには運営年数がカウントされておりますが、それはURLやドメインに対して付与されるものですので、301リダイレクトなどで新しいURLへと適切な引っ越しの設定をしておかないとゼロからのやり直しとなってしまいます。

つまり、コンテンツはまったく同じものだったとしても、運営年数がゼロになり、また参照されているリンクもリンク切れとなってしまうため、アクセス数が激減してしまう傾向にあるのです。

今回のニフティーサービス終了の場合、新サービスを利用すれば、旧サイトからの転送ページは利用することができます。なので、まったくないよりはましなのですが、それでも301リダイレクトによる転送ではなく、メタタグによる転送となるため、かなり不完全な形での移転になるかと思います。

また、メタタグのリダイレクトでは下層ページについては転送設定ができないはずですので、トップページのみの転送となり、下層ページからのアクセス数は404 Not Foundで遮断されてしまうことになるはずです。

もし私が運営側でしたら、せめてhtaccessによる転送はしばらくの間は継続する方向で対応すると思いますが、このあたりはもう少し、サイト運営側に配慮するべきなのではなかったかという気がします。

無料サービスの運営でどの程度のコストがかかるのかは不明ですが、ネット上の知的財産を保全することは社会貢献にもつながるはずですので、できるだけ企業としてサービスを続けてほしかったという気持ちがあります。

ただし、最初から独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを利用していれば、このような無料サービス終了の事態になってもサイトの閉鎖は回避できたはずです。

自分のドメインを取得していれば、サーバーを移転したとしても、URLが変更になることはありませんので、リンク切れも発生しませんし、そのURLに付与された運営年数もそのままカウントされることになります。

なので、サイトを移転してもアクセス数などには変化がないわけです。もし、現在、無料ホームページスペースでサイトを運営されているようでしたら、今のうちに独自ドメインとレンタルサーバーにて運営されることをおすすめします。

アフィリエイトサイトを構築している場合、記事の外注化ということが必須の要素になってきております。いわゆるライター記事ということになりますが、たいていの場合、メインサイトで収益を上げるような品質にはなりません。なぜなら、その道の素人が書いた記事なので内容が薄く、1行読んだだけでおかしな点に気が付いてしまうからです。

一方で、ライティング力はないものの、その道のプロが書いている文章というのは内容が伴い、メインの収益サイトとしても成り立つ可能性が高いです。たとえ、句読点の打ち方や文法、あるいは文調がおかしかったとしても、濃い内容のコンテンツでさえあれば、訪問者はその文章を読むものです。

私の視点では、内容は濃いものの、読みにくい専門家の文章を成形するために必要とされるのがライターの仕事であると考えております。

けれども、濃いコンテンツは何もオフラインにばかりあるのではなく、ネット上にもころがっていますし、図書館にいけば、大量のコンテンツが無料で入手することができます。それらのコンテンツをまとめ上げて成形することで、それなりのサイトが出来あがってしまうのが現実なのかもしれません。

こうしてみますと、オリジナルコンテンツを生み出す人は損をしているように感じてしまうわけですが、現在のところ、これがネット上の現状といえます。結局のところ、その情報がオリジナルであろうとなかろうと、訪問者が読みやすく、信頼性に足り、理解しやすいコンテンツを作り上げたもの勝ちということになるのかもしれません。

けれども、オリジナルコンテンツの保有者にしか分かりえない、情報の質の違いというのがあります。間違った形でリライトされた文章というのは、訪問者に誤解を生むばかりでなく、誤った情報を元に適切な判断が下せなくなってしまう弊害も含んでいるわけです。

このライター記事については、検索エンジンのアルゴリズムの改善の余地があるものと思われます。

IPアドレスの分散されているレンタルサーバーを複数台借りる際、格安のサーバーを複数かりるか、それともIpアドレスが分散されているものをお手軽に借りるかのどちらかになると思います。

個人的には、資金力があるなら格安サーバーを複数台借りる方が安心して利用することができるはずです。
やはり、サーバースペックなども若干はSEO効果として勘案されているでしょうし、また、ネームサーバーや登録事業者関連でいってもその方が効率よく分散することが可能になると思うからです。

けれども、別々の格安サーバーを利用するのは費用対コストの面でいってあまり効率的ではありません。
そのような意味においては、多少はサイトの表示が重くなったとしても、専門のIPアドレス分散型サーバーを利用するのが効率的ともいえるわけです。

実際のSEO効果としては、確かにあるといってもいいかと思います。
ただ、継続的なSEO効果を望むのならば、一時的に対策しているだけではボロが出て来るわけですので、一定の割合でSEO対策していくことが必要となってくるわけです。
そのようなことを考えますと、常に違うサーバーを確保していく必要が出て来るわけですので、ひとつの会社で何十IPも確保するよりも、さまざまな会社からちょっとづつレンタルしていく、そんな方法が便利なのではないかなという気がするのです。

SEO対策のこつは構造化にあり

ウェブサイトの上位表示を実現する方法としてSEO対策という手法がありますが、これにはちょっとしたこつがあるんです。
一般的には外部リンクの獲得うんぬんということが重要しされていますが、ひとつのドメインに数千も数万もリンクが貼られていたら、不自然きわまりのないものとなってしまいます。

もちろん、有用なサイトの場合はそのぐらいの被リンク数があるのはごく当然なわけですけど、アクセス数やページランク、あるいはソーシャルネットワークやブックマークなど、そういう複合的な割合のうえでの適切な被リンク数というのはある程度の適正範囲があるわけなのです。

例えば、ページランクがゼロ、インターネットアーカイブやアレクサなどにも情報がないのに、数万規模の被リンク数がついていたとしたら、それはまず間違いなく、コメントスパムかトラックバックスパムかのいずれかです。
そのほか、ip数やドメイン数との割合などからもある程度の適正な被リンク数の範囲というのが割り出されるわけですけれども、つまるところ、ひとつのサイトのみに被リンク数を集中させてもあまり意味はないということになるわけです。

それよりも、サブドメインやサブディレクトリにも分散して集めたり、あるいは相互リンク先の姉妹サイトなどにも分散してリンクしていった方がSEO効果が高くなるわけです。
ひとつのサイトのみに集めたら、カウントされない部分も出てくるわけですが、その周辺にも分散させることによってすべてのリンク数が活かされることになるのです。

ドメインのトップページばかりにリンクを集めてませんか?
もしそうなら、他のページにも目をくばってみてください。
検索順位に何らかの変化がみられるかもしれません。

レンタルサーバーでは「アクセスログ」を保存できるケースが多いです。ただ、ログファイルで容量をある程度は食いますので、自動で保存してくれるケースはあまりなく、自分で「保存する」に設定しないと利用できないことが多いです。

この「保存する」に設定すると、毎日、アクセスログを保存してくれますが、ログ自体は単なるテキストファイルですので、メモ帳などでも閲覧することはできます。けれども、膨大な行数があるため、意味のあるデータとして閲覧するには何等かのツールが必要になります。

このツールにもいろいろあり、パソコン内で使用するソフトやサーバーにインストールしてウェブ上で閲覧するタイプなどがあります。

パソコン上で使用する際には、アパッチログビューアーなどのソフトが有名です。このソフトを使用する場合、アクセスログについてもサーバーからパソコン上にダウンロードして利用します。

一方、レンタルサーバーにインストールして利用するタイプには、awstatsやwebalizerなどが有名です。どちらも自分でサーバーに設置するには知識が必要になり、初心者には困難ですが、サーバー会社によってはアクセス解析用の付属ツールとしてあらかじめ設置されているケースも多いです。

いずれにしましても、Google AnalyticsなどのJavaSciptタイプのアクセス解析とアクセスログでは、利用する際の使途が少し異なります。

JavaSciptタイプ

ブラウザによる訪問者の解析がメイン

サーバーのアクセスログ解析

ロボットなどのクローラーも含まれる。

当サイト運営者の場合、アクセス数が少ない状況ではサーバーにawstatsをインストールして解析を行い、次第にアクセス数が増えてきた段階でGoogle AnalyticsなどのJavaSciptタイプのアクセス解析を使用するようにしています。

アクセスログについては不審なロボットのアクセスやエラーログなども把握できるため、一応は保存しておくようにしましょう。

ウェブサイトの階層によってどのくらいのSEO効果があるのかについてはさまざまな意見がありますが、一般的には深い階層よりも、浅い階層にあるページの方が効果的である傾向が存在します。

これは普通に考えてみると、浅い階層の方がトップページに近いわけですので、重要なトップに近い浅い階層の方がより重要とみなされ、その重要なページにおけるSEO効果は深いものよりも高い傾向があるといえるわけです。

けれども、実際に詳細は情報が掲載されているのは個別ページです。
一般的には「パーマリンク」(Permalink)と呼ばれているものになるわけですが、内容的な面からいうと、こちらの方がより重要性が高いものとなるわけです。

検索エンジンで最終的にヒットするのも、この個別ページということになるわけですが、このpermalinkのコンテンツ内というのは、ウェブサイト内においても重要度の高いリンクとなるわけなのです。
ですので、階層が浅い・深いということばかりに目を向けるのではなく、訪問者目線で、よりユーザビリティーの高いリンク構築をされることをおすすめします。

迷った際には、両方からリンクをもらうのが一番いいのかもしれませんね。

SEO対策のコアな話

検索エンジンに上位表示させる技術はSEO対策とよばれていますが、コンテンツが何より重要で技術的な話は二の次という話しはよく聞くことかと思います。
けれども、実際の検索結果というのはコンテンツは充実していて当たり前であって、デザインも見やすくて当然、それプラス、コアな技術が要求されているのが実際のところです。

被リンクの外部対策も良質なドメインを取得するところからはじまり、IPの違うレンタルサーバーの確保もしなくてはなりませんし、実際にウェブサイトを作成する際にも、キーワードの調査からQAサイトなどでのマーケティング調査などさまざまな点をクリアしていかなくては、なかなか上位表示されるものではないわけです。

加えて、組織力というのも比較的重要な要素となってきております。
多数のブログライターを抱えるようなサイト運営者、あるいは大量のコンテンツを購入できる資金力のある運営者でなければ、なかなか上位表示させることができないという状況になってきているわけです。

そのような状況をかんがみ、個人でSEO対策をするには限界があると感じている人も多いかと思いますが、最終的には内容のあるサイト、興味があるサイトの方が検索エンジンでは上位表示する方向へいくものと考えています。
それは検索エンジンが求めているものであるわけですから、検索精度の向上に伴い、最終的にはそこに収束していくものと思われるわけです。

ですので、大量のコンテンツを増やすSEO対策ではなく、1文字1文字のコンテンツにこだわったウェブサイトに仕上げていく方向で対策していくのが、一番の近道であると考えています。